WC7520

PROSAFEワイヤレスLANコントローラー(アクセスポイント50台管理, 3台スタック可能)

WC7520

JANコード:0606449072945

[価格] ¥540,000 (税込)/¥500,000(税抜)

ライフタイム保証

■メーカー型番
ワイヤレスコントローラー:WC7520-100AUS


学校や病院等の中規模ビジネスに最適な安心、安全、拡張可能なワイヤレスコントローラー

NETGEAR PROSAFEワイヤレスLANコントローラーWC7520は、ハイパフォーマンス、フル機能搭載のワイヤレスLANアーキテクチャを提供し、中規模ビジネス、学校、病院等において、数千のクライアントをサポートします。使いやすさに重点を置き、クラス最高の信頼性、カバレッジ、パフォーマンスでネットワーク管理をシンプルに実現。ビジネスにおけるワイヤレスネットワークを必要なだけ拡張可能で、劇的な費用対効果を生み出します。最大50のアクセスポイント、また冗長化を含むより大規模なネットワーク用にスタッキングで最大150のアクセスポイントに対応しています。

  • 動的な無線周波数管理:アクセスポイントの出力とチャンネルの自動コントロールにより干渉を最小限に抑え、カバレッジを保証
  • 自己回復型ワイヤレス:アクセスポイントのダウンや電波干渉が発生すると、そのエリアのまわりにあるAPの出力やチャンネルを調整します。
  • 負荷分散とレート制限はすべてのクライアントに公平な帯域幅割り当てを保証し強固なワイヤレス接続を提供します
  • カスタマーフロアマップ:ワイヤレス帯域幅、ワイヤレスチャンネル、信号強度をヒートマップで表示、ワイヤレスネットワークの状況をリアルタイムでレポート
  • 管理者は既知のアクセスポイント、不正アクセスポイント、関連クライアントをヒートマップ上に簡単配置。
  • VLANとサブネットの高速モビリティ:シームレスなL2、L3高速ローミングによりビデオ、オーディオ、VoWLANのようなレイテンシ・センシティブなアプリケーションをサポート
  • 最適な中央管理と分散構成を実現:ローカルトラフィックはローミングされたL3トラフィックがトンネリング暗号化によりコントローラーレベルで処理される場合に自動的に最適なレベルに切り替えられます
  • 内蔵サーバーまたは外部サーバーの専用ポータルを使用したゲストアクセスによりネットワークへの限定アクセスを許可します
  • 常時稼働、冗長化構成:N+1冗長化構成とフェイルオーバーに対応

自信のライフタイム保証

『WC7520』は「ライフタイム保証」。期間を定めずハードウェア故障に対する保証をご提供しますので、製品ご購入後もコストパフォーマンスを実感いただけます。(「ライフタイム保証」を受けるには購入後30日以内のユーザー登録が必要です)。詳しくは下記をご覧ください。
http://www.netgear.jp/support/info/lifetimewarranty.html

■アップグレードライセンス(オプション)

1ライセンスで10APの追加管理が可能、最大3ライセンス(30AP) まで追加できます。
メーカー型番:WC7510L-10000S
JANコード:0606449075250
価格:¥84,240(税込)/¥78,000(税抜)


※図には日本未発売製品も含まれます。

システム情報と制限

対応アクセスポイント
・PROSAFE デュアルバンド ワイヤレスLANアクセスポイント WNDAP360
・PROSAFE ワイヤレスLANアクセスポイント WNAP320

サポートモード
・ワイヤレスA/B/G/N

コントローラー毎のアクセスポイント最大サポート数
・20 (デフォルト)
・50 (10-APアップグレードライセンス(WC7510L-10000S) x 3を追加した場合)

スタッキング可能な最大コントローラー数
・3

スタッキングセットアップごとにサポート可能な最大アクセスポイント
・150

コントロールごとの最大プロファイルグループ
・8
・各アクセスポイントは1つのプロファイルグループのみに所属

プロファイルグループごとの最大セキュリティプロファイル(SSID)
・周波数(2.4 GHz、5 GHz)ごとに各8

コントローラーごとの最大セキュリティプロファイル(SSID)
・周波数(2.4 GHz、5 GHz)ごとに各64

ネットワークごとの最大セキュリティプロファイル(3コントローラー)
・512

コントローラーごとの最大不正アクセスポイント検知
・512

コントローラーごとの最大フロアプラン
・3 (デフォルト)
・USBローカルストレージにより追加フロアプラン可能(最大18フロアプラン)

コントローラーごとのキャプティブポータル
・1

アクセスポイントごとの最大クライアント
・WNAP320: 最大64クライアント
・WNDAP360: 周波数(2.4 GHz、5 GHz)ごとに最大64クライアント(合計128)

コントローラーごとの最大クライアント
・アクセスポイントごとの最大クライアントと同じ

L2モビリティ
・アクセスポイント間のL2高速ローミングをサポート

L3モビリティ
・アクセスポイントとコントローラー間のトンネリング暗号化によるL3高速ローミングをサポート

コントローラーごとの最大VLAN
・SSID用VLAN x 64
・構成可能管理VLAN x 1

コントローラー冗長化構成
・VRRP-ベースN+1冗長化構成とフェイルオーバー
・1:1 コールドスタンバイの冗長コントローラー1台とプロダクションコントローラー1台が冗長化グループを形成するよう構成
・1:2 または1:3 コールドスタンバイの冗長コントローラー1台がスタックのプロダクションコントローラー2台または3台に追加されるよう構成
・各コントローラーごとにアクセスポイント管理のライセンスが必要

ライセンス構成

・コントローラーごと:ライセンスにより最大50アクセスポイント


・スタッキングごと:ライセンスにより最大150アクセスポイント

構成例 – ワイヤレス A/B/G/N 配置

アクセスポイント数 – 最大:

ワイヤレスコントローラー数(WC7520)

10-APアップグレードライセンス(WC7510L-10000S)の数

IPとVLAN構成

DHCP サーバー/リレー
・統合DHCPサーバー
・DHCPサーバー/プールを異なるVLAN(最大64)に追加可能

ワイヤレスコントローラーのVLAN
・管理VLAN x 1 (VLAN ID構成可能)

VLANアクセスポイント/マルチSSID
・64 VLAN

VLANの利用
・ワイヤレスコントローラーは管理VLANを通したアクセスポイントとのIP接続が必要。コントローラーとアクセスポイントが異なる管理VLAN上にある場合は、VLANルーティングによりコントローラーとアクセスポイントの間にIP接続を許可する必要があります。

無線LAN設計とモニタリング

統合的な設置計画
・ネットワークの階層ビュー:フロアマップのアップロードとフロアマップ面積の入力
・自動無線周波数プラン・アルゴリズム:フロアプランをカバーするために必要なアクセスポイント数を計算
・フロアプラン上に各アクセスポイントの理論上のカバレッジを表示

無線周波数モニタリング
・フロアプランごとのカバレッジを計算
・カバレッジホールが検出された場合にアラート表示、また近隣のアクセスポイントによるカバレッジホールの軽減
・不正アクセスポイント/ブラックリストクライアントの三角測量

無線周波数管理

自動チャンネル割り当て
・干渉削減のためのチャンネル自動配置
・アクセスポイントの場所、干渉を考慮した自動チャンネル割り当て
・自動チャンネル割り当てスケジュールモード

自動パワーコントロール
・カバレッジに必要な最適な送信出力を決定
・自動パワーコントロールモードが利用可能
・無線周波数環境のスキャンによるアクセスポイントの干渉と漏えいを最小化

カバレッジホール検出
・自動モード
・ダウンアクセスポイントや障害が起きた無線環境の検出とアラート
・自己回復:カバレッジロスを軽減するために近隣アクセスポイントのパワー増大

負荷分散
・アクセスポイントの負荷モニタリングと過負の荷防止
・負荷の軽い近隣アクセスポイントへのクライアントリダイレクト

高速ローミング
・VLANとサブネット間のシームレス高速モビリティ
・802.11i pre-authと高速ローミング
・ビデオ、オーディオ、Voice over ワイヤレスクライアントの高速ローミングに対応

QoS

WMM QoS
・WMM (802.11e) は端末からアクセスポイントへのアップストリームトラフィック(ステーションEDCAパラメータ)とアクセスポイントから端末へのダウンストリームトラフィック(AP EDCA パラメータ)のトラフィックの優先順位づけを行います。

WMM 優先順位づけ
・音声: 遅延を最小化することを最優先とし、VoIPやメディアストリーミングのようなアプリケーションに最適です。
・ビデオ: 優先順位は2番目で、遅延が少なく、ビデオアプリケーションに使用されます。
・ベストエフォート: 優先順位は中間で、標準的なIPアプリケーションに使用されます。
・バックグラウンド: 高スループットで優先順位は低く、FTPのような高スループットで時間は気にしないアプリケーションに使用されます。

WMM パワーセーブオプション
・WMM パワーセーブにより電話、ノートパソコン、携帯端末、オーディオプレーヤーのようなIEEE® 802.11eを使用した小規模デバイスのバッテリーパワーを節約

帯域制限
・SSID毎のレートを利用可能な帯域幅合計をパーセントで制限

ワイヤレスセキュリティ

クライアント認証プロトコル
・Open, WEP, WPA/WPA2-PSK
・802.11i/WPA/WPA2 エンタープライズ 外部AAA/RADIUSサーバーへの標準インターフェイスに対応
・ローカルACL(512 MAC)
・ローカルAAAサーバーまたは外部Radiusサーバーに基づいたMAC ACL
・SSIDごとの個別AAAサーバーに対応

RADIUSアカウントプロトコル
・クライアントごとのトラッキング:
- Tx/Rx Byte
- 接続/切断時間

LDAP認証
・外部LDAPサーバーへの標準インターフェイス/Microsoft® Active Directory Server

統合AAAサーバー
・WC7520内蔵AAAサーバーに基づくローカルデータベース認証

ゲストアクセス
・セキュリティプロファイルでのクライアント認証に専用ポータルを利用
・パスワードベースの認証モード:ローカルユーザーの保存、ユーザー名/パスワード割り当て
・外部Radiusサーバーモード:専用ポータルクライアント向け外部RADIUS認証
・オープン認証モード:メールアドレスによるゲスト自動登録
・ゲストアクティビティのログ抽出

専用ポータル
・画像ファイルを含む構成可能ポータルページ

不正アクセスポイント
・不正アクセスポイントの定義:管理アクセスポイントに監視されているradio SSIDのアクセスポイントで同一L2 有線ネットワーク上の伝送が見えること
・最大512の不正アクセスポイントの検出とマッピング

ワイヤレスネットワークモニタリング

モニタリングサマリー
・管理アクセスポイントのステータス・サマリー、不正アクセスポイント検出、ワイヤレス端末接続、ワイヤレスコントローラー情報とワイヤレスネットワーク利用状況

管理アクセスポイント
・管理アクセスポイントのステータスとワイヤレス設定、現在のクライアントと詳細トラフィック統計を含む詳細

不正アクセスポイント
・不正アクセスポイントレポート
・同一チャンネルの不正アクセスポイント
・干渉チャンネルの不正アクセスポイント

ワイヤレスクライアント
・クライアントのアクセスポイント、SSID、フロア、ロケーションごとの統計と詳細
・ブラックリストクライアント、ローミングクライアント

ワイヤレスネットワーク利用
・ネットワーク利用統計を表示し、管理アクセスポイントごとの平均受信/伝送ネットワークトラフィックを表示。3つの異なるプロットによりイーサネット、ワイヤレス802.11 b/bg/ng 、802.11 a/na モードトラフィックを別々に表示

ヒートマップ
・カバレッジのライブ表示とヒートマップ
・ロケーションの視覚化とデバイストラッキング

DHCPリース
・ワイヤレスクライアントのDHCP詳細

管理

管理インターフェイス
・HTTP、 SNMP v1/v2c、 telnet、 Secure Shell (SSH)

ログとレポート
・ネットワーク中に利用可能なsyslogサーバーがある場合、ワイヤレスコントローラーはすべてのログを送信可能。ログは管理画面から参照、ダウンロード(ログエクスポートファイル)可能
・設定により複数メールアドレスへのイベントメールアラート

診断
・アクセスポイントpingにより管理

メンテナンス
・保存/復元構成、工場出荷時の状態へリセット、管理者パスワード変更、ユーザー(リードのみ)追加、ワイヤレスコントローラー、管理アクセスポイントのWeb管理画面からのファームウェアアップグレード

デュアルブートイメージ
・サポート

SNMP
・SNMP v1/v2c

IEEE、IETF RFC 標準

有線
・IEEE 802.3 10BASE-T、 IEEE 802.3u 100BASE-TX、 IEEE 802.3ab 1000BASE-T
・IEEE 802.1Q VLAN tagging

無線
・IEEE 802.11a、 802.11b、 802.11g、 802.11n
・WMM (from 802.11e)

RFC – システム機能
・RFC 1001 Protocol standard for a NetBIOS service on a TCP/UDP transport: Concepts and methods'
・RFC 1002 Protocol standard for a NetBIOS service on a TCP/UDP transport: Detailed specifications
・RFC 1155 Management information for TCP/IP networks
・RFC 1305 Network Time Protocol (Version 3) Specification, Implementation and Analysis
・RFC 2131 DHCP
・RFC 3768 Virtual Router Redundancy Protocol (VRRP)
・RFC 768 UDP
・RFC 791 IP
・RFC 792 ICMP
・RFC 793 TCP
・RFC 826 ARP

RFC - セキュリティとAAA
・WPA-PSK, WPA2-PSK
・RFC 1321 MD5 Message – Digest Algorithm
・RFC 1851 Triple DES Algorithm
・RFC 2246 TLS Protocol Version 1.0
・RFC 2404 HMAC-SHA-1-96
・RFC 3280 Internet X.509 PKI Certificate and CRL certificate
・RFC 3377 Lightweight Directory Access Protocol (v3): Technical Specification
・RFC 3565 Use of the Advanced Encryption Standard (AES) Encryption Algorithm in Cryptographic Message Syntax
・RFC 4346 TLS Protocol version 1.1

RFC - ネットワーク管理
・SNMP v1, v2c
・RFC 364 syslog
・RFC 854 telnet
・RFC 1156 MIB
・RFC 1157 SNMP
・RFC 1213 MIB II
・RFC 1350 TFTP
・RFC 2616 HTTP
・RFC 3164 The BSD Syslog Protocol
・Enterprise private MIBs

ハードウェア

ギガビットRJ45 ポートLAN
・スイッチ4ポート10/100/1000

メモリ
・8 MB + 2 GB CF/1 GB DDR2

USBポート
・USBストレージ用 x 1ポート
・追加フロアヒートマップ
・拡張統計履歴

法規制の順守
・FCC クラスA、CE、WEEE、RoHS

温度
・動作時 0°-45°C
・保管時 -20°-70°C

湿度
・動作時 10-90%
・保管時 5-95%

電源
・100-240V, AC/50-60Hz, Universal Input, DC 5V/8A (内蔵)

消費電力
・17W

寸法(W x H x D)
・440 x 44 x 260 mm

重量
・2.912kg

システム要件
・Internet Explorer® 5.0 以上、Mozilla Firefox® 1.0 以上

同梱物
・PROSAFEワイヤレスLANコントローラーWC7520
・イーサネットケーブル
・電源コード
・ラックマウントキット
・インストールガイド
・リソースCD

オーダー情報

ワイヤレスコントローラー
・WC7520-100AUS

ライセンス
・10-APアップグレードライセンス
WC7510L-10000S