ニュースリリース

ニュースリリース

2015年5月14日

Nighthawk R7000ギガビットルーターに簡単リモートファイルアクセスを可能にする
ReadyCLOUD™ 機能を追加

R7000
NETGEARはNighthawk R7000 ギガビットルーター(http://www.netgear.jp/products/details/R7000.html)に新しくReadyCLOUD機能を追加しました。
ReadyCLOUDを使うと、R7000に接続されたUSBストレージのファイルへ、外出先からでも簡単にリモートアクセスできるようになります。また、R7000のセットアップウイザードが新しくなり、これまで以上に簡単で分かりやすくなりました。
新しい機能を利用するには、R7000の管理画面から無料のファームウェアアップデートを行います。ファームウェアはR7000の管理画面、またはNETGEARのウェブサイト(http://www.netgear.jp/supportInfo/)より入手可能です。

readycloud  readycloud
R7000は1GHz デュアルコアプロセッサーを搭載、高速無線LAN接続(600 +1300 Mbps*)を提供し、スマートフォン、ノートPC、タブレット、スマートTV、ゲーム機、Blu-ray®プレイヤー、メディアサーバーなどの無線LAN子機を使って、高速でラグの無いゲームやビデオストリーミング、インターネットサーフィンを体感することができます。高度な機能と技術により、干渉を減らし、信頼性の高い無線LAN接続を実現、ご家庭のホームエンターテインメントやPlayStation® 4 (PS4™) 、Xbox One™ などのゲーム機を使い倒すことができます。


新しい機能により次のようなことができるようになります:

  • ReadyCLOUD 対応で、USBストレージへのリモートアクセスが簡単: ReadyCLOUDを使うと、R7000に接続されたUSBストレージのファイルに簡単にアクセスできるようになります。また、Windows、iOS、Android™用のReadyCLOUDアプリを使うと、いつでもどこでも、さまざまな機器から簡単にファイルにアクセスできるようになります。ファイルのリンクURLをメールで送ってファイルを簡単に共有したり、スマートフォンの中にある大切な写真を外出先からUSBストレージにすばやくバックアップすることができます。ルーターに接続されたUSBストレージを使って、安全で簡単なパーソナルクラウドを実現することができます。しかも、ReadyNASをお持ちの場合は、ReadyNASとR7000で同じReadyCLOUD IDを使うことができます。

 

  • 新しくなったセットアップウイザードで、ルーターを簡単セットアップ:R7000セットアップウィザードが新しくなり、ルーターモード、アクセスポイントモードのセットアップが簡単に行えます。プロバイダーから提供された既存のルーターやゲートウェイを使っている場合でも、R7000を宅内LAN側に設置し、既存のルーターによってストリーミングやゲームのスピードが遅くならないように設定できます。既存のルーターやゲートウェイのVoIP機能を有効にしたまま、R7000ルーターを使ってご家庭のネットワークを802.11ac 無線LAN対応にし、お使いの無線LANネットワークのパフォーマンスを向上させることができます。ルーターまたはアクセスポイントモードのどちらを選択するのがより適切かは、ウイザードの質問に答えることにより、簡単に選択できるようになっています。


製品のウェブページ http://www.netgear.jp/products/details/R7000.html

*表示の数値は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

一覧に戻る