ニュースリリース

ニュースリリース

2017年10月4日

ネットギアジャパン、全ポート10Gに対応したマルチギガビット アンマネージ
スイッチ『XS505M』『XS508M』を発売開始

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、全ポ
ート10G に対応したマルチギガビット アンマネージスイッチ『XS505M』『XS508M』を10 月17 日よ
り販売を開始します。

XS505M
寸法: 328 x 169 x 43.2 (mm) 重量: 1.38kg
XS505M マルチギガビット アンマネージスイッチ
  • 100/1000Base-T/2.5G/5G/10G x4
  • SFP+ポート x1
  • ライフタイム保証
XS508M
寸法: 328 x 169 x 43.2 (mm) 重量: 1.49kg
XS508M マルチギガビット アンマネージスイッチ
  • 100/1000Base-T/2.5G/5G/10G x 8
  • SFP+ポート x1(コンボポート)
  • ライフタイム保証

 

『XS505M』は10G/マルチギガビット(2.5G/5G)を4 ポート、SFP+スロットを1 ポート搭載、『XS508M』
は10G/マルチギガビット(2.5G/5G)を8 ポート、SFP+スロットを1 ポート搭載した、小規模ネットワーク
でも導入しやすい価格で提供するフル10G マルチギガビット アンマネージスイッチです。

全世界の75%の敷設済みケーブルはCat5e/6 を利用していて最大の通信速度は1Gbps です。SSD
を搭載したストレージ、4K 配信、802.11ac などの新しい技術の登場で、1G ネットワークは既にボトルネッ
クとなりつつあります。しかし、そのほとんどの環境で10GbE を利用することができません。なぜならば
10GbE はCat6A/7 ケーブルへの変更が必要となるためです。今回リリースするマルチギガスイッチ
『XS505M』『XS508M』は既存のCat5e/6 を利用して2.5G/5G の通信速度を実現できるため、機器を
入れ替えるだけでネットワークの速度を5 倍にすることができます。そのためケーブルを敷設しなおすコ
ストを削減することができ、同時に将来の10G 化への投資も行うことができます。

ネットギアは、中小規模ネットワークに向けのフル10 ギガLANスイッチソリューションを初めてリリース
したネットワーク機器メーカーで、アンマネージスイッチ『XS505M』『XS508M』の発売によってアンマネ
ージスイッチ、アンマネージプラス・スイッチ、スマートスイッチ、フルマネージスイッチと全製品カテゴリー
に10G スイッチのラインナップが揃いました。これにより今までよりもさらに幅広く利用環境や予算に応じ
た選択肢を市場へ提供いたします。

<アンマネージスイッチとは>
電源を入れてLAN ケーブルを差すだけ。プラグ&プレイで設置・設定できるので簡単にネットワークが
構築できる製品です。

<マルチギガビットとは>
10GbE は、Cat6A/7 のケーブルが必要になり再敷設が必要ですが、2.5G と5GbE は既存環境の
Cat5e/6 を利用し、スイッチの入れ替えだけでネットワークを高速化することができる規格です。

製品情報

製品名 製品型番 価格(税抜) 価格(税込)
XS505M XS505M-100AJS ¥ 84,000 ¥90,720
XS508M XS508M-100AJS ¥ 120,000 ¥129,600


   
製品ページ
XS505M: http://www.netgear.jp/products/details/XS505M.html
XS508M: http://www.netgear.jp/products/details/XS508M.html

 

 

一覧に戻る