ニュースリリース

ニュースリリース

2017年4月12日

ネットギアジャパン、802.11ac wave 2(VHT: Very High Throughput)対応
無線LANゲーミングルーター 『Nighthawk X4S R7800』を発売
購入者全員へ802.11acワイヤレスUSBアダプター(子機)をプレゼント

 

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、802.11ac wave2対応デュアルバンドWi-Fiゲーミングルーター 『Nighthawk X4S R7800』を、4月20日(木)より販売します。発売に先立ち、本日よりAmazon.co.jp並びにNTT-X Storeで予約受付を開始します。

また、本日より5月31日(水)までにご購入頂いた方にはもれなく(予約を含む)、802.11ac USBアダプター『A6210』(型番: A6210-100JPS)をプレゼントいたします(『A6210』の詳細は本リリースの2ページ目を参照ください)。

『Nighthawk X4S R7800』 は、高速無線LAN規格802.11ac wave2(VHT:Very High Throughput)に対応し、オンラインゲームやビデオストリーミングなど、遅延に敏感な用途に適した機能を搭載した無線LANルーターです。

R7800_1.png

802.11ac wave 2 対応 最大速度 2.53Gbps

『Nighthawk X4S R7800』は802.11ac wave 2に対応した無線LANルーターです。5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使えるデュアルバンド対応で、2バンド合計で最大速度2.53Gbpsを実現しました(1,733 + 800 Mbps)

4 x 4 MIMO + 256QAM + ビームフォーミング

4本の外部アンテナを装備。4 x 4 MIMO(Multiple Input Multiple Output)と256QAM変調による高速通信が可能です。

R7800_2

通信相手(子機)の居場所で一番電波が強くなるように調整してデータを送信する、ビームフォーミング技術にも対応。通常の無線ルーターでは電波が届きにくい場所にある子機へもデータを届けます。ビームフォーミングが最も効果を発揮するのは、NETGEARデュアルバンドUSBアダプター『A6210』(型番:A6210-100JPS)のように、子機側もビームフォーミングに対応している場合です。『Nighthawk X4S R7800』(親機)と『A6210』(子機)の両方がビームフォーミングに対応することで、子機の居場所へ確実に強い電波でゲームサーバーからのデータを届けることができ、最高のゲーミング環境が実現します。

R7800_3

ワイヤレスUSBアダプター 『A6210』(型番:A6210-100JPS)

  • 通信速度 867Mbps(5GHz帯) 、300Mbps(2.4GHz)
  • ビームフォーミング対応、USB3.0対応
  • 手持ちのPCを802.11acにアップグレード、ビームフォーミング対応させるのに最適
  • USB延長ケーブル付きのドック付属のため、机の下に設置したデスクトップPCでも高い場所へアンテナを設置可能


ビームフォーミングに対応していない子機の場合、子機は、自身の居場所を親機に伝えることができません。しかし『Nighthawk X4S R7800』は、子機側がビームフォーミングに対応してなくても、子機の居場所を推定して強い電波を届けるインプリシット・ビームフォーミングに対応しています。

 

 

Dynamic QoS(ダイナミックQoS

通常のルーターは、有限の通信帯域をすべての通信に対して平等に割り当てます。そのため、ゲームやストリーミングなど遅延に敏感なアプリケーションが、データダウンロードなど多くの帯域を必要とする通信に圧迫され、コマ落ちや画像の乱れ、一時的な通信途絶、バッファリングが発生します。

『Nighthawk X4S R7800』のDynamic QoS機能は、ゲームやストリーミングのデータを自動認識して高い優先順位を割り当て、スムーズな再生・実行を可能とします


R7800_4

MU-MIMO
サポート

『Nighthawk X4S R7800』は、複数の子機と同時に通信するMU-MIMO(Multi User MIMO)技術に対応しています。従来のMIMO技術(SU-MIMO: Single User MIMO)は同時に通信できる子機が1台のみのため、親機側が多くのアンテナを装備していても子機側のアンテナ数に制限され効率の良い通信が行えませんでした。『Nighthawk X4S R7800』はMU-MIMOに対応することで、複数の子機との同時通信を可能とします

※   子機側もMU-MIMOに対応している必要があります。

R7800_5

高性能1.7GHzデュアルコアCPU搭載

4x4MIMOやビームフォーミング、MU-MIMO、Dynamic QoSなど、様々な機能を同時に使いつつ遅滞なくデュアルバンドの通信データを送受信するため、『Nighthawk X4S R7800』は高性能なデュアルコアCPU(1.7GHz)を搭載しています。2つのコアが役割分担をすることで、遅延に敏感なデータを他のデータよりも優先的に処理することが可能となります。

R7800_6
ギガビットLAN 4ポート

『Nighthawk X4S R7800』は、4つの有線ギガビットLANポートを装備しています。ネットワークストレージ(NAS、メディアサーバー)や有線LANポートを装備するAV家電などを収容可能です。

R7800_7

USB 3.0 + eSATA

『Nighthawk X4S R7800』は高速なUSB 3.0を2ポート、eSATAを1ポート装備しています。USB/eSATAハードディスクを接続しNAS(Network Attached Storage、ホームサーバー)として使用したり、USBプリンターを家庭内のコンピューターで共有することができます。HDDに保存した画像や動画、音楽ファイルは、宅内のDLNA対応メディアプレイヤー(PC、Mac、スマートフォン、ゲーム機、FireTV、AppleTV、Chrome TVなど)からアクセスが可能です。

『Nighthawk X4S R7800』に接続したUSB HDDには、NETGEARのReadyCLOUD(レディクラウド)アプリを使って屋外からでも安全にアクセスし、写真などのデータをアップロードすることが可能です。アプリはWindows、Mac OS X、Android、iOS(iPhone, iPad)用をご用意しています。
R7800_8


製品情報

R7800_10

製品ウェブページ

『Nighthawk X4S R7800』の詳細、製品画像のダウンロードは製品ウェブページを参照ください。

http://www.netgear.jp/products/details/R7800.html

 

802.11ac USBアダプター『A6210』プレゼントについてはこちらをご覧ください。

http://www.netgear.jp/r7800_present.html

 

 

 

 

 

 





 




 

 

 

一覧に戻る