ニュースリリース

ニュースリリース

2017年3月23日

ネットギアジャパン、高速・高信頼のNASラインナップをさらに強化!

10G対応を含むデスクトップ型ReadyNAS 新3機種の

ディスクレスモデルを発売開始!

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、10Gイーサネットポートを標準装備したデスクトップ型の『ReadyNAS 524X』と、1000BASE-T装備の新シリーズ『ReadyNAS 424』『ReadyNAS 422』から、”ハードウェアサポートオンリーモデル”*説明は下に記載を、本日より発売開始いたします。

これらの新製品は、従来のReadyNASと同様に、これまでは大企業向けの高級製品にしか搭載されてこなかったデータを保護するための諸機能を、中小企業向けに最適価格で標準装備しています。インテル社製サーバー向け最新CPUと大容量メモリーを搭載し、同時アクセス環境におけるファイル共有、バックアップ、仮想マシンのリモートドライブ、ディザスターリカバリーに最適のモデルです。

さらに今後、同シリーズでさらに手厚いメーカー保証を受けられる、“ビジネスユーザー向けモデル(高信頼性HDD搭載モデル)”*説明は下に記載も準備ができ次第、順次発表していきます。


<新製品紹介>

524_1524_2


<価格情報>


524_3


<ReadyNASの“ビジネスユーザ向けモデル”と、“ハードウェアサポートオンリーモデル”の特徴>

524_4

*1 コンパチビリティリストは、動作確認のみ。ご使用環境における動作保証はいたしかねます。予めご了承ください。

*2 シャーシ交換で障害復旧しなかった場合は、弊社での動作保証、障害切り分けをお断りする場合もございます。

*3 上記保証期間は、ご購入後1ヶ月以内にユーザー登録をしていただいた場合にのみ可能になります。また、ユーザー登録いただけていない場合は、1年間のみの保証となります。

 

 

これらの新シリーズは、これまでのReadyNASシリーズと同様に、最先端のファイルシステム(Btrfs)と、“5段階のデータ保護機能”も標準装備。中小企業のクリティカルなビジネス環境において、安心、堅牢なデータ保護を実現します。


<ReadyNASの“5段階のデータ保護機能”>
1. RAIDボリュームで、ディスクドライブの単体故障からデータ保護
2. 実施回数無制限のスナップショット機能
524_5   

3. 長期間アクセスの無いファイルも保護するビットロットプロテクション機能
ビットロットは、ビットの腐敗といった意味です。長期間にわたってアクセスのないデータは、破損してしまって復旧不可能となることがあります。ビットロット・プロテクションにより、データの腐敗を検知し、復旧可能なうちに破損したデータを修復します。

524_6

4. 無償のアンチウィルスソフトウェアを標準搭載
追加費用なしで大切なデータをウィルスやマルウェアによる感染から、大切なデータを護ります。
5. 無償で使用可能なリモートリプリケーション機能
無償で使用可能なクラウドベースのレプリケーション機能ReadyNAS Replicateにより、他拠点のReadyNASへバックアップします。バックアップはReadyNAS間に自動設定されるVPNで行われるため、ファイアーウォールの設定変更は必要ありません。災害や盗難によって一拠点のReadyNASが使用不可能となっても、データを護ります。

<その他の特長>
1. CIFS/SMB3対応によるWindowsネットワークサポートを初め、多くのプロトコルに対応

524_7

2. 無償で利用可能なリモートアクセス機能
無償で利用可能なリモートアクセス機能ReadyCLOUDにより、外出先からもReadyNASのデータへ安全にアクセスできます。Windows、Mac OS X、Android, iOSに対応しています。
3. 強力な暗号技術(AES 256bit)によりボリュームを暗号化
暗号化されたボリュームへアクセスするには、暗号を解除するためのキーを格納したUSBメモリーが必要なため、ReadyNASが万一盗難にあってもデータの漏洩を防ぐことができます。


製品の詳細と製品画像のダウンロードはウェブページを参照ください

RN524X00 : http://www.netgear.jp/products/details/RN524X00.html
RN42400 : http://www.netgear.jp/products/details/RN42400.html
RN42200 : http://www.netgear.jp/products/details/RN42200.html



 




 


 




 


 

一覧に戻る