ニュースリリース

ニュースリリース

2016年3月30日

ネットギアジャパン
802.11ac wave2アクセスポイントの収容に最適なNBASE-TマルチギガビットPoE+ Layer3 フルマネージスイッチ1機種を発売

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、802.11ac wave 2アクセスポイントの収容に最適なNBASE-T対応マルチギガビット(1G/2.5G/5G)PoE+ Layer3フルマネージスイッチ『M4200』シリーズ1機種と、新世代のスタッカブル・フルマネージLayer3スイッチ『M4300』シリーズを、4月下旬より販売開始します。

M4200シリーズ – マルチギガビット

M4200シリーズの『M4200-10MG-PoE+』は、NBASE-T(RJ-45)ポートを8、10G SFP+スロットを2基持つマルチギガビットPoE+ Layer3フルマネージスイッチです。8つのRJ-45ポートのうち2つは1G/2.5G/5Gbpsのイーサネット通信、残りの6つは1G/2.5Gbpsのイーサネット通信が可能です。

NBASE-Tは、NBASE-Tアライアンスによって策定された、カテゴリー5eまたは6 UTPケーブルを使って最長100m、2.5Gbpsまたは5Gbpsのイーサネット通信が可能な新しいLAN技術です。NETGEARもNBASE-Tアライアンスのメンバーとして活動しています。

NBASE-Tは、1Gbpsを超える通信速度を実現した802.11ac wave2アクセスポイントによる無線通信とバックボーンネットワークを、ボトルネックなく接続するために有効な技術です。802.11ac wave2対応のアクセスポイントを導入する際、敷設済みのカテゴリー5e/6ケーブルを利用して2.5G/5Gbpの通信を実現できるため、過去の投資が無駄になりません。

M4200シリーズ – PoE+ (Power over Ethernet)

『M4200-10MG-PoE+』の8つのRJ-45ポートはすべて、802.3atのPoE+(Power over Ethernet Plus)に対応。スイッチ全体の給電能力は240Wあり、すべてのポートへ同時に30Wの給電が可能です。

 

M4200シリーズ – Layer3 Switch

『M4200』シリーズは、IPv4 / IPv6ルーティングが可能なLayer3スイッチです。IPv4はVLAN間ルーティング、スタティックルーティング、RIPv1/2が可能です。IPv6はVLAN間ルーティングとスタティックルーティングが可能です。

 

M4200シリーズ – コンパクト設計と多彩な設置手段

『M4200-10MG-PoE+』は幅440mm、高さ43mm(1Uサイズ)、奥行き100mmのコンパクト設計。ラックの中だけでなく、壁面や天井などアクセスポイントの近くに設置することもできます。

 

SDN Ready

『M4200』『M4300』いずれも、OpenFlow 1.3に対応しています。

 

業界最長のハードウェア保証

『M4200』『M4300』シリーズはライフタイム保証の対象(*3)です。購入いただいたお客様が『M4200』『M4300』をお持ちの間は、期間を定めずにハードウェア故障に対する保証を継続します。

*3 ライフタイム保証の対象はスイッチ本体のみです。スイッチ付属、増設のいずれの場合も電源ユニットの保証期間は購入から5年です。

価格情報(M4200)

ポート構成

価格(税抜)

価格(税込)

M4200-10MG-PoE+

GSM4210P-100AJS

NBASE-T * 8, SFP+ *2

\340,000

\367,200

 

 

製品詳細ページ

M4200:  http://www.netgear.jp/products/details/M4200-10MG-PoE%2B.html

 

 

一覧に戻る