ニュースリリース

ニュースリリース

2016年1月21日

米ネットギア社、新取締役の就任を発表

カリフォルニア州サンノゼ – 2016年 1月20日—消費者、企業やサービスプロバイダーに革新的な製品を提供するグローバルネットワーク企業のネットギア社(NASDAQ : NTGR) (www.netgear.com) は本日、取締役会にグラディ・サマーズ氏を任命したと発表しました。

サマーズ氏は、様々なグローバルテクノロジー企業での技術動向、サイバーセキュリティやクラウド製品、サービスでの豊富な経験をネットギア社にもたらすだろうと期待されています。氏は、取締役会に新設された議席への就任と共に、取締役会の監査委員会のメンバーにも任命されています。取締役が引退し、議席が9席に戻るとされる2016年後半に開催される年次株主総会で選挙に立候補する予定です。

ネットギア社の議長でありCEOであるパトリック・ロー氏は、“私たちはグラディをネットギア社の取締役会に歓迎することを心から喜んでいます。彼が当社の取締役に貢献する豊富なテクノロジーの経験、戦略的な洞察力とエネルギーに胸が高鳴ります。”とコメントしています。

 サマーズ氏は、自身が監督するR&Dや製品工学をサポートするグローバルCTOチームが所属する、高度なサイバー攻撃の検出、防止、解決のサイバーセキュリティ・ソリューションのリーディングプロバイダーであるファイアアイ社の上級副社長兼最高技術責任者です。氏は2014年に、マンディアント社の買収を通じてファイアアイ社に加わりました。マンディアント社では、戦略的ソリューションの副社長を務め、同社の戦略的コンサルティングと顧客成功部門を指導しました。 マンディアント社に先立ち、 2010年から2012年には、アーネスト・アンド・ヤングのパートナーとして企業情報セキュリティプログラム管理実務を担当。E& Y以前の1999年から2010年には、ゼネラル・エレクトリック社で様々な役割を担当し、直近では最高情報セキュリティ責任者として大規模なグローバル情報セキュリティ組織を監督していました。


サマーズ氏はコロンビア大学でMBAを取得、ペンシルバニア州グローブシティカレッジではコンピュータシステムのB.S.を取得しています。

一覧に戻る