ニュースリリース

ニュースリリース

2015年8月27日

ネットギアジャパン、複数拠点の無線LANアクセスポイントを一括管理できるクラウドサービスを発売
必要な台数/月数分のライセンスとアクセスポイントを購入するだけで使用可能
年額7,500円から利用可能で高価な無線LANコントローラーが不要に

ネットギアジャパン合同会社 (所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、NETGEAR製無線LANアクセスポイントを運用管理できるクラウドサービス『Business Central Wireless Manager(ビジネスセントラル・ワイヤレスマネージャー、以下BCWM)』を8月31日より販売開始いたします。

Business Centralのロゴ



NETGEAR Business Central Wireless Manager

Business Central Wireless Managerの管理画面
NETGEAR WNDAP660
BCWMで管理可能な無線LANアクセスポイント
『WNDAP660』『WNDAP360』『WNAP320』(写真はWNDAP660)


本製品の特長

Business Centralは、NETGEARの提供するネットワーク機器の統合管理プラットフォームとなるSaaS(Software as a Service)であり、このたび発売するWireless Managerは、Business Centralの上で動作する、無線LANアクセスポイントを管理運用するためのサービスです。

ハードウェアの無線LANコントローラーを用いた無線LANソリューションは、多くの初期投資が必要であり中小規模の企業や組織における導入を躊躇する大きな要因となっていました。BCWMは、アクセスポイント1台の小さなネットワークから、世界中の拠点をカバーするネットワークまで、規模に合わせて必要な台数/使用月数分のライセンスを購入いただくだけで、高度な管理が可能な無線LANネットワークを構築できます。

操作は全てウェブブラウザー上で行え、専任のIT管理者ではなくても簡単に使用することが出来ます。遠隔地のトラブルシューティングも行えるため、トラブルのたびに現地へ技術者を派遣する必要もありません。

 

カフェやレストランなどの商業施設で来店者向けのフリーWi-Fiサービス展開や、企業の各支店や学区内の複数の学校に設置されたアクセスポイントを一括管理するのに最適です。

 

BCWMをお使いいただくには、まず、NETGEAR製のアクセスポイントとライセンスをご購入いただきます。次に、BCWMのウェブサイト(後述URL参照)で無料のアカウントを作成し、アクセスポイントのシリアルナンバーとライセンス番号をBCWMの管理画面に登録します。BCWMのアカウントには、全ての機能が使える3ヶ月間の無料試用期間が付与されているので、購入いただいたライセンスは、4ヶ月目からお使いいただくことも可能です。

 

BCWMのライセンスは、最も安価な12ヶ月分から1800ヶ月分まで6種類を取り揃えており、アクセスポイントの台数に応じて自由に組み合わせられます。12ヶ月分のライセンスを2台のアクセスポイントで6ヶ月間、といった使い方も可能です。


製品情報

製品名

製品型番

概要

価格(税抜)

価格(税込)

WM1AP1YL

WM1AP1YL-10000S

1 AP 12ヶ月ライセンス

7,500 円

8,100 円

WM1AP3YL

WM1AP3YL-10000S

1 AP 36ヶ月ライセンス

16,875 円

18,225 円

WM10AP1YL

WM10AP1YL-10000S

10 AP 12ヶ月ライセンス

75,000 円

81,000 円

WM10AP3YL

WM10AP3YL-10000S

10 AP 36ヶ月ライセンス

168,750 円

182,250 円

WM50AP1YL

WM50AP1YL-10000S

50 AP 12ヶ月ライセンス

375,000 円

405,000 円

WM50AP3YL

WM50AP3YL-10000S

50 AP 36ヶ月ライセンス

837,500 円

904,500 円

 

製品ページ

http://www.netgear.jp/products/details/WM1AP1YL.html

 

BCWMページ

https://bc.netgear.com/

一覧に戻る