ニュースリリース

ニュースリリース

2013年6月5日

デスクトップ型ユニファイドストレージ 『RDD516』新発売
コンパクトなボディに、データセンターレベルの高機能

 

 

 デスクトップ型ユニファイドストレージ
ReadyDATA 516                 

 デスクトップ型ユニファイドストレージ
ReadyNAS 312
 

ネットギアジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、代表:杉田 哲也、以下NETGEAR)は、デスクトップ型ユニファイドストレージ 『ReadyDATA 516』(ReadyDATAシリーズ)を、6月10日より販売開始します。

ReadyDATA 516は、デスクトップ型でありながら、ReadyDATAシリーズとして、ブロックレベル・レプリケーション、重複排除、シンプロビジョニング等の高度な機能が搭載されています。ReadyDATA 5200(2Uラックマウント)とReadyDATA 516を一緒に使用することにより、エッジからコアまで総合的なデータ保護を提供することが可能です。また筐体内にはSATA HDDとSSDを混在させることができ、最大24TBまで搭載可能です。

エンタープライズクラスのストレージおよびデータ管理ツールを導入したいが、製品を導入する際に発生しがちな、高コストと不必要に複雑な導入作業は避けたい、と考える企業向けに、ReadyDATAは最適なソリューションと言えます。同等スペックのエンタープライズクラス製品と比べても、簡単に使用でき、お求めやすい価格となっています。

また、ReadyNASシリーズより新製品『ReadyNAS 312』を同時発売します。本製品は、現在発売中のReadyNAS 300シリーズのビジネス向けエントリー機という位置づけで、小規模ビジネスネットワーク、リモートオフィス、支店向けの2ベイディスク内蔵デスクトップ型ユニファイドストレージです。エントリー機ながら、アプリケーションによる簡単アクセス、拡張ユニットによる簡単拡張、無制限スナップショット、ウィルススキャン等の高機能も無償で利用可能等300シリーズにて使用可能な機能はすべて使用することができます。


ReadyDATA516 の主な機能
・エンタープライズクラスのストレージ機能を搭載
・シンプロビジョニング、圧縮、重複排除
・レプリケーション
・無制限のスナップショット
・6ベイデスクトップNAS(最大24TB)
・ギガビットポート x2搭載
・SATAとSSDドライブの混在搭載可能。

製品情報

シリーズ

製品名

型番

予想販売価格
(税抜)

ReadyDATA
500シリーズ

 ReadyDATA516 (ベアボーンタイプ) RDD516-100AJS 340,000円
 ReadyDATA500用ディスクパック
(2TB SATA (LFF))
RDD1LT02-10000S 80,000円
ReadyDATA500用ディスクパック
(3TB SATA (LFF))
RDD1LT03-10000S 120,000円
ReadyDATA500用ディスクパック
(4TB SATA (LFF))
RDD1LT04-10000S 160,000円

ReadyDATA500用ディスクパック
(100GB x1 MLC SSD)

RDD1SM01-10000S 140,000円

ReadyNAS
300シリーズ

READYNAS 312
(4TBモデル:2TB x2)
RN31222E-100AJS 135,000円

ホームページ製品ページ
ReadyDATA 516
http://www.netgear.jp/products/details/RDD516.html

ReadyNAS 312
http://www.netgear.jp/products/details/RN31222E.html

ReadyDATA 500用ディスクパック
http://www.netgear.jp/products/details/RDD1.html

 

一覧に戻る