ニュースリリース

ニュースリリース

2011年3月23日

NETGEAR、伸び盛りの企業のニーズに応える「ProSafe Plus」スイッチシリーズの24ポート『JGS524E』を販売開始

2011年3月23日


ネットギアジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区 社長:杉田 哲也、以下、NETGEAR)は、NETGEARが提案する新カテゴリ「ProSafe Plus」スイッチシリーズのラインナップに24ポートの新製品『JGS524E』を加え、2011年3月より販売開始します。

「社員数が増え続けているのでネットワーク環境の拡張が必要なのだけど、ネットワーク機器の導入や管理にかかるコストを考えるとなかなか導入に踏み切れない」。そんな悩みを抱えている企業は少なくないはずです。

「ProSafe Plus」スイッチ『JGS524E』は、そんな伸び盛りの企業にNETGEARが提案する従来のアンマネージスイッチから「一歩進んだ」ネットワークスイッチ。「複雑な管理機能はいらないけれど、これから導入するならある程度ネットワーク管理ができる機器を使用したい」というお客様のニーズに応えます。従来のアンマネージスイッチにネットワーク管理機能、VLAN、QoS、ポートミラーリングなどを「Plus」していながら、費用はわずかに「Plus」となるのみです。また、設定および管理が簡単であるため、専任のITスタッフのいない環境でも手軽に導入することが可能です。

<『JGS524E』の特長>
アンマネージスイッチに一歩進んだ機能を搭載
『JGS524E』は、ギガビットイーサネットを24ポート搭載。信頼性とコストパフォーマンスの高さで定評のあるNETGEAR アンマネージスイッチにVLAN、QoS(Quality of Service)、ポートミラーリング、ループ検知、ブロードキャスト制御など最も利用される機能を追加しており、わずかな投資でネットワーク管理、トラフィックの最適化が可能となるコストパフォーマンスの高い製品です。ケーブル診断テスト、簡易統計機能にも対応し、速やかなトラブルシューティングにも貢献します。このような豊富な機能をサポートしながらも、NETGEAR アンマネージスイッチとの価格差は12%以下に抑えられました。

新開発の 「ProSafe Plus」ユーティリティで簡単に設定・管理できる
NETGEARは「ProSafe Plus」スイッチシリーズのために、さらに簡単な設定ユーティリティをご用意しています。同梱されているCDから「ProSafe Plus」ユーティリティをインストールすれば、直感的なGUIでVLAN, QoS,ポートミラーリングの設定ができます。従来のマネージスイッチで必要な管理用のIPアドレスでさえも不要ですので、初心者でも安心して導入できます。さらにポートベースVLAN、802.1Q VLANの使い分け、ポートベースQoS、802.1p QoS、レート制御などマネージスイッチ並みの詳細設定をすることも可能です。

環境にやさしい省エネ製品
『JGS524E』は低消費電力製品です。ポートの使用状態やケーブルの長さを検知し、電力を調節する「パワーコントロール機能」により、省エネに貢献します。もちろん『JGS524E』も他の当社製品と同様、RoHS指令に準拠しています。

自信のライフタイム保証
『JGS524E』は「ライフタイム保証」。お買い上げいただいたお客様が製品をお持ちの間は期間を定めず、ハードウェア故障に対する保証をご提供しますので、製品ご購入後もコストパフォーマンスを実感いただけます。詳しくは下記をご覧ください。http://www.netgear.jp/support/info/lifetimewarranty.html



その他の詳細については下記をご参照ください。
製品情報:
JGS524E(ProSafe Plus 24ポート ギガビットイーサネットスイッチ)
製品ページ:http://www.netgear.jp/products/details/JGS524E.html

定価:JGS524E(メーカー型番:JGS524E -100AJS):37,800円(税抜) 39,690円(税込)

製品画像ダウンロード:
JGS524E:http://www.netgear.jp/download/JGS524E.html

以上

一覧に戻る