ニュースリリース

ニュースリリース

2010年10月27日

NETGEAR、アクシスコミュニケーションズと販売提携を強化

2010年10月27日

- IP監視カメラ設置時の工事負担を大幅に軽減するPoE給電方式のニーズに対し普及価格帯のソリューションを提供 - 

高機能スイッチのリーディングカンパニー、ネットギアジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:杉田哲也、以下NETGEAR)は、ネットワークカメラのリーディングカンパニー、アクシスコミュニケーションズ株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:永久茂、以下アクシス) と、IP監視カメラの設置時の標準給電方式になりつつあるPoE注1給電可能なスイッチの販売提携を強化します。

今回の販売提携により両社は、急増する国内でのIP監視カメラ設置のニーズにこたえる体制を整備。ネットワークカメラ市場で世界1位のシェアと製品ラインアップを誇るアクシスと、SMBネットワーク製品で世界のトップブランドの地位を誇るNETGEARとで、急激に拡大するアナログ監視システムからデジタル監視システムへの更新の需要に対応します。アクシスとNETGEARは、両本社間でテクノロジーパートナーの関係にあり、今回、日本においての全面的な協力体制を整えました。

IP監視カメラの業界では、昨今の需要の急増により、設置工事の簡便なPoE給電方式をカメラ本体に採用する機種が増えています。従来、ACアダプターなどの電源供給とイーサネットによる信号の送受信を、それぞれ2系統で行っていた設置工事を、給電付イーサネットケーブルの配線だけにすることで、設置時のコスト及び時間を大幅に削減できるようになりました。

従来ネットワークカメラによるIP監視システムの構築は、アナログに比べて高価であることが導入上の障壁の一つとなっていました。これに対してアクシスでは、本年7月より希望小売価格(税抜)が5万円を下回るボックス型M11シリーズなど、低価格帯の製品ラインアップを強化しています。(アクシスのM11シリーズの詳細は、「別紙2」をご覧ください。)また、NETGEARのFS108Pなど、低価格帯のPoE給電対応スイッチを採用することにより、中小規模でのIP監視システムの設置コストが低減できます。(NETGEARのPoE給電対応スイッチのラインアップは、「別紙1」をご覧ください。)

現在、日本では監視カメラを利用したさまざまなセキュリティシステムやモニタリングシステムが設置され、防犯上の安全確保、企業の情報機密保持、機械設備などの維持管理などに貢献しています。しかし設置ベースでは、取扱いが比較的簡便で安価なアナログ映像監視システムが、約8割を占めているのが実状です。

一方、来年7月に終了するアナログ放送のデジタル化への切り替えの進展など民生用の映像配信スタンダードのデジタル化に伴い、高解像度かつ劣化のないデジタル方式の画像が監視カメラシステムにおいても求められるようになっています。また、情報管理意識の高いユーザーにおいては、防犯および管理上、記録した映像データの保管、再生、検索などで圧倒的に優れるネットワークベースの画像処理システムの要望が高まっています。

アクシスおよびNETGEARは、当販売提携の第一弾として、本日より両者の共通の販売代理店であるダイワボウ情報システム株式会社を経由して、下記の販売キャンペーンを開始します。

<販売キャンペーンの内容>
NETGEARのPoE給電対応スイッチ3機種(GS110TP, GS108P, FS108P)と、アクシスのネットワークカメラ4機種(M11シリーズ)を組み合わせたお得なセットを、10月より12月末まで販売します。

注-1:PoE(Power over Ethernet)とは
イーサネットの配線に使うケーブルを利用して電力を供給する技術。2003年6月にIEEE 802.3afとして標準化された(出典:IT用語辞典より)。

ネットギアジャパン株式会社について
NETGEARは、ワールドワイドで最先端のテクノロジを搭載したネットワーク製品をご提供しているネットワーク機器メーカーです。現在、25の国に支社を持ち、全世界で630人(2010年7月現在)という少人数の組織でありながら、2009年の売上額は687億円を達成。ヨーロッパにおけるNo.1、北米市場におけるNo.2ブランドという高い位置づけにランクし、「使いやすさ」「品質」「信頼性」「パフォーマンス」「価格」を追求した、スイッチ、無線LAN、NAS、ソリューションプロバイダ向けのゲートウェイ製品など多彩なラインナップをそろえており、企業のニーズやネットワークの規模に合わせた柔軟な対応が可能です。ネットギアジャパン株式会社は、欧米においてトップブランドの地位にあり、圧倒的なコストパフォーマンスを誇る製品を日本市場に合わせて投入し、日本の中小規模事業者に最適な、そして効果的で管理しやすいソリューションを提供してまいります。より詳しい情報は、http://www.netgear.jp/をご覧ください。


アクシスコミュニケーションズ株式会社について
Axisは、プロフェッショナルなネットワークビデオソリューションを提供するIT企業です。グローバルなネットワークビデオ市場を牽引するリーダーとして、アナログからデジタルビデオ監視への移行を推進しています。Axisの製品とソリューションは、主にセキュリティ監視とリモートモニタリングに焦点を絞り、革新的でオープンなテクノロジープラットフォームを基盤としています。Axisは、スウェーデンに本社を置き、世界の20ヵ国以上に拠点を設け、70ヵ国以上の販売パートナーと協力関係を築いています。Axisは、1984年に設立され、NASDAQ OMX Nordic(ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。アクシスコミュニケーションズ株式会社は、スウェーデンの Axis Communications AB の日本法人として1994年に設立されました。より詳しい情報は、http://www.axiscom.co.jp/をご覧ください。


【報道関係者のお問い合わせ先】
ネットギアジャパン株式会社
担当:雨宮
TEL. 03-3237-1971

アクシスコミュニケーションズ株式会社 PRセンター
担当:大蒲、松岡
TEL. 03-5771-6426

※本ニュースリリースは、共同プレスリリースのため、重複して配信される場合があります。
その場合は、何卒ご容赦いただけるようにお願いいたします。

以上

一覧に戻る