ニュースリリース

ニュースリリース

2008年9月24日

NETGEAR®, Inc.、統合セキュリティアプライアンスのリーディングカンパニーであるCP Secure, Inc.の取得を発表

 ワールドワイドで最先端のテクノロジを搭載したネットワーク製品を提供するネットワーク機器メーカーのNETGEAR®, Inc.(代表取締役会長兼CEO:パトリック・ロー、所在地:カリフォルニア州サンノゼ、以下、NETGEAR)は、9月22日(月)(カリフォルニア州現地時間)、非上場企業であるCP Secure, Inc(以下、CP Secure)を取得することに関し、基本合意に達したことを発表しました。CP Secureの統合セキュリティプラットフォームを組み込むことにより、中小規模事業者向けセキュリティ製品のラインナップの拡大をはかります。なお、日本においても来年度より随時市場投入をしていく予定です。

 2002年に創設され、中国の南京に技術センターをもつCP Secureは、マルウェア(ウィルス、スパム、スパイウェアなど他人に対して悪意のあるソフトウェアの総称)の脅威から組織を守る統合セキュリティソリューションのリーディングカンパニーです。CP SecureのCSG(Content Security Gateway)製品は、導入運用が簡単で、特長豊かなプラットフォームにより、ネットワークプロテクション、Webフィルタリング及び電子メールのセキュリティを提供します。CP Secureの特許出願中の「ストリームベース スキャンテクノロジ」は、ネットワークのパフォーマンスを低下させることなく、インターネット及び電子メールの膨大なトラフィックをリアルタイムでスキャンし、他社製品に比べ5倍のスキャニングパフォーマンスを誇ります。

 NETGEARは、合意条件に基づき、CP SecureにCP Secure取得に対する1,400万USドル(約15億円)を現金で支払います。その後、あらかじめ指定されている目的の達成という次のステップが終結した時点で、CP Secureは350万USドル(約4億円)を上限とした全ての追加支払い分を現金で受け取ります。取得完了後、CP SecureのCEOであるシュアン・ジーが、NETGEARのセキュリティ製品の技術部門のヴァイスプレジデントになる予定です。

 NETGEARのCEOであるパトリック・ローは以下の通りコメントしています。
「中小規模事業者がWeb2.0や電子メールを使用してお客さま、パートナー、そしてベンダーと同様にビジネスを行えば行うほど、彼らは自社のネットワークやアプリケーションをインターネットの脅威から守り安全なビジネスを継続するために、さらに効果的で管理しやすい統合ソリューションを探し求めることになります。CP Secureによる製品やテクノロジは、私達が提供しているSMB向けネットワークセキュリティ製品(有線及び無線のVPNファイアウォール及びSSL VPNコンセントレータ)を補完します。CP Secureの統合プラットフォームを組み込むことでセキュリティ製品のラインナップを強化し、ネットワーク、Web、及び電子メールのトラフィックに対する強固で、包括的なソリューションを提供します。運用、管理が簡単で、リアルタイムのスキャニングパフォーマンスが特長であるCP Secureのソリューションは、私達のお客さまである中小規模事業者に最適だと信じています。」
 CP SecureのCEOであるシュアン・ジーは下記のようにコメントしています。
「創設当初より、CP Secureは、特許出願中のリアルタイムスキャニングのように、継続的に新しいセキュリティ製品やテクノロジを進化させてきました。現在、フィリップス・インターマグネティックスやオレゴン環境局などの大企業や公共施設が、ネットワーク及びアプリケーションを守るのにCP Secureの統合セキュリティプラットフォームを拠りどころとしています。NETGEARの有力なブランド名と世界的な販売チャネル及びサプライチェーンにより、CP Secureの大企業向けセキュリティを、すでに大企業と同様の脅威にさらされている中小規模事業者に提供し、同レベルの包括的なネットワークプロテクションを期待しています。」

 取得条件に基づいて、NETGEARは、CP Secureの南京技術センターの人的資源(40人以上のエンジニア)社員の選抜チーム、出願中の特許、テクノロジの所有権、顧客、現行製品、及び開発中の製品の取得を進めています。NETGEARはCP Secureのプラットフォームを組み込んだWeb、電子メールなどに対するNETGEAR Prosecure™アプリケーションのフルラインナップを12カ月以内に発表する予定です。新たなCP Secureの経験豊かなエンジニアチームが、特にセキュリティ関連のハードウェア、ソフトウェア、及びネットワークセキュリティアプライアンスのテクノロジに加わることにより、さらにエンジニアリングが強化されるのです。

 その他、詳細については下記をご参照ください。また、ご質問に関しては広報窓口まで
ご連絡ください。
NETGEAR,Inc.リリース(英語):
http://www.netgear.com/About/PressReleases/en-US/2008/20080922.aspx

FAQ(英語):http://www.netgear.com/Landing/en-US/cpsecure.aspx#faq

CP Secure,Inc. 概要
CP Secure, Inc.は、ゲートウェイコンテンツセキュリティアプライアンスのリーディングカンパニーです。CP Secureは、あらゆる規模の組織を革新的なテクノロジ、効果的な製品及び信頼できるサポートによってマルウェアから守ります。CP Secureについての詳しい情報はwww.cpsecure.comをご覧ください。

NETGEAR概要
NETGEARは、ベイネットワークス社(米国)の一事業部として1996年に設立。その後ノーテルネットワークス社に吸収・合併を経て2000年に独立し、2003年にナスダックに上場(NTGR)しました。現在、世界に20の支社を持ち、2007年の売上額は850億円を達成。全世界で550人という少人数の組織でありながら、売り上げ成長率は毎年平均26%と非常に高く、雑誌「TIME」のFortune 500企業の中で“もっとも成長の速い企業”にランキングしています。2007年現在、SMBスイッチの世界シェアはNo.1、無線LANでは世界シェアNo.2(※Dellオロマーケットリサーチ2007年6月付)、さらにヨーロッパ市場1位、北米市場で2位という高い位置づけにランクしています。日本では、世界で3番目に大きいといわれるブロードバンド市場である日本に合わせた製品のローカライゼーションを行い、世界で認められたブランド力を武器に大きく成長するために力を入れています。

以上

一覧に戻る