最新サポート情報

最新サポート情報

2017年5月1日

ReadyNAS 6.7.1 がリリースされました


ReadyNAS OS 6.7.1 にアップグレードすると、以前のバージョンにはダウングレードできませんので、ご注意下さい。
アップグレードする前には、データのバックアップを必ずご取得下さい。
万が一の事態が発生した場合でも、お客様のデータは保証致しません。
予め、アップグレード前に、バックアップをご取得下さい。

【RN102・RN104・をご使用のお客様】

ファームウェアバージョン6.2.1以前を適用しているお客様はまず、6.2.5にアップデート後、6.7.1にアップデートしてください。

【RN2120をご使用のお客様】

ファームウェアバージョン6.2.1以前を適用しているお客様はまず、6.2.4にアップデート後、6.7.1にアップデートしてください。

【RN102・RN104・RN2120共通】

ファームウェアバージョン6.3.0~6.3.4ををご使用のお客様はまず、6.3.5にアップデート、さらに6.5.2に上げてから最後に6.7.1にアップデートしてください。

【RN202・RN204・RN212・RN214をご使用のお客様】
ファームウェアバージョン6.5.2以前を適用しているお客様はまず、6.5.2にアップデートしてから6.7.1にアップデートしてください。

注意事項:
    > ドロップボックスの設定は新しいバージョンに移行されませんので、再度設定が必要になります。

ダウンロードリンク:

arm (RN102 / RN104 / RN202 / RN204 / RN212 / RN214 / RN2120)
x86_64 (RN312 / RN314 / RN316 / RN422 / RN424/ RN516 / RN716x / RN524X / RN526X / RN528X / RN626X /    RN628X / RN3130 / RN3138 / RN3220 / RN4220/ RR3312 / RR4312X / RN4360X)



新機能:

    > FlexRAID 設定オプションの拡張
    > 1本単位でのディスク拡張
    > RAID50, 60 のサポート
    > グローバルホットスペアのサポート
    > RR3312, RR4312 の SAS 拡張オプションサポート
    > Google Drive サポート
    > Amazon AWS サポート
    
改善箇所:
    > ボリュームのビジュアル設定
    > 最新の Dropbox へのアップデート
    > iSCSI Thin LUN の容量監視
    > ReadyNAS アプリ内でのサードベンダーアプリ追加
    > ReadyNAS アプリでのインストール進捗状況を表示
    > Linux カーネルを 4.1 から 4.4 へアップデート
    > 新しいハードウェアのサポート
    
バグ修正
    > アンチウイルスが誤検知しないように設定のアップデート
    > アクティブディレクトリ環境でのパフォーマンス
    > ReadyDR での長い名前のスナップショットサポート
    > バックアップジョブ設定時のコマンドインジェクション、および、バックアップジョブに対する様々なセキュリティ修正
    > Amazon クラウドドライブ同期に関する修正
    > ミドルウェアにおける NML call セキュリティ修正
    > ReadyCLOUD VPN 安定性における修正
    > ディスクスピンダウンが有効となっている場合、1時間毎のスナップショット取得するように修正
    > MTP バックアップに関する修正
    > ユーザー名、共有名に c_, n_, b_, r_ を使用できるよう修正
    > プロトコルのポート衝突を回避するよう修正
    > DHCP から静的IPに変更したときに DNS 情報を保持するよう修正
    
注意:

    6.7.1にアップデートされている機器のメジャーダウングレードはできません。

英語:https://kb.netgear.com/000038557/ReadyNAS-OS-6-Software-Version-6-7-1

一覧に戻る