最新サポート情報

最新サポート情報

2016年5月18日

【重要】ReadyNAS OS6 ファームウェア バージョン 6.5.0 リリース


ReadyNAS OS6 シリーズのファームウェア バージョン 6.5.0 をリリースしました。

対象製品 : ReadyNAS 全シリーズ

(RN102 / RN104 / RN202 / RN204 / RN212 / RN214 / RN2120)
http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-100/ReadyNASOS-6.5.0-arm.zip

* RN102/RN104 - 6.2.1 以前のファームウェアをご使用の場合、1度ファームウェアを 6.2.5 にアップグレード後、
6.5.0 へアップグレードをお願いします。

6.2.5 - http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-100/ReadyNASOS-6.2.5-arm_RN102_RN104.zip

* RN2120 - 6.2.1 以前のファームウェアをご使用の場合、1度ファームウェアを 6.2.4 にアップグレード後、
6.5.0 へアップグレードをお願いします。

6.2.4 - http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-100/ReadyNASOS-6.2.4_arm.zip

(RN312 / RN314 / RN316 / RN516 / RN716x / RN3130 / RN3138 / RN3220 / RN4220)
http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-300/ReadyNASOS-6.5.0-x86_64.zip


【注意事項】

ReadyNAS Remote はサポートされなくなりました。
リモートアクセスは ReadyCLOUD をご使用下さい。

ReadyCLOUD の旧サービスを使用している場合、ReadyNAS 6.5.0 へアップグレード後、MyNETGEAR へアップグレードする必要があります。

      http://www.netgear.jp/support/info/ReadyCLOUD_migrate_faq.html     


主な新機能:


● 双方向の CLOUD 同期サービス
    ・Amazon Cloud Drive(Amazon プライム会員用)
    ・Egynite
● スナップショットの保持期限のカスタマイズ(どれくらいの間、スナップショットの数)
● データに変更があった時のみスナップショットを取得するオプション追加
● カメラデータのインポート(MTP Media Transfer Protocol メディア転送プロトコル のサポート)
● Active Directory ユーザーのマッピング情報のインポート・エクスポート機能
    ※OS4, OS5 シリーズへのエクスポートはサポートしません。
● ファンの速度調整
● WSD (Web Services for Devices)検出サポート
● ReadyCLOUD での MyNETGEAR アカウントサポート
    旧 ReadyCLOUD アカウントからの移行についてはこちらを参照してください。
    
    http://www.netgear.jp/support/info/ReadyCLOUD_migrate_faq.html

追加・修正機能:

● バックアップインターフェイスの簡略化
● スナップショット管理画面の向上
    複数のスナップショットの簡易削除機能
    より早いスナップショットの閲覧やリカバリー
● クラウドタブのメニュー変更
● アプリ画面の検索    
● Quota を超えた際の警告を無効にできる機能
● 起動プロセスが LCD ディスプレイに表示
    起動中に電源ボタンを押すことでさらに詳しい情報が表示されます
● FTPS でのバックアップジョブサポート
● Mac OS X に対する SMB 互換性の機能拡張
● スナップショットプルーニング(スナップショットが過去のスナップショットを削除するしきい値)が[ボリューム] > [設定] から可能に


主な修正内容:    
    
● CVE-2015-7547 (glibc getaddrinfo() stack-based buffer overflow) 
● DHCP から固定 IP に変更した際、既定値を DCHP で DNS 情報を取得するように変更
● アンチウイルスによるパフォーマンス問題
● RN202/RN204/RN212/RN214 におけるオンラインでのディスク追加によるパフォーマンス問題
● RN202/RN204/RN212/RN214 における Wake On LAN でのシャットダウン不可
● 様々なエラーコードの追加
● Kernel Plus アプリ追加(※アプリ提供は行いますが、こちらについてサポートは致しません。※)
    XFS での USB フォーマット
    USB シリアルデバイスドライブ
● 稀にユーザーのホームフォルダーのスナップショットに ReadyCLOUD や Windows Previous Versions からアクセスができてしまうことがある
● RN516/RN716 に EDA500 を使用している際に発生するエラー
● RN102/RN104/RN2120 で WoL(Wake On LAN) が無効にも関わらず電源が落ちてもイーサーネットリンク LED が点灯する
● アプリでのソート機能
● ReadyCLOUD を無効にする際に警告を出力するように修正。
● 255文字を超える長さのファイル名の名前変更はエラーが出力
● USB ディスクのスピンダウンサポート
● X-RAID を使用している際に他のボリュームが追加される問題
● ReadyCLOUD のエラーメッセージ修正
● ReadyCLOUD でユーザーを招待し、承認しない場合、ReadyNAS 上からは削除されるように修正
● スナップショットが正常に取得できなかった際にエラーを出力
● ReadyCLOUD と同期している共有の名前変更を行った時に同期できなくなる問題
● バックアップが失敗したときにスナップショットが削除されない問題
● USB ドライブのフォーマットに関する問題
● NTFS ドライバーのパフォーマンス問題
● RN3130/RN3138 復電した時の不適切な電源の状態
● FAN に関するアルゴリズムの修正
● Badlock 修正にかかわる Active Directory 問題
● OpenSSL に関する脆弱性
● スナップショットに関するエラーハンドリング
● VPN サービスの動作変更
● CPU の電圧における不要なアラートの抑止


リリースノート:

  https://kb.netgear.com/app/answers/detail/a_id/30662

      
入手方法:

    各製品ページの「ダウンロード」タブより入手ください。  
 尚、最新のファームウェアおよびソフトウェアは以下より入手いただけます。     

   https://kb.netgear.com/app/answers/detail/a_id/30662




一覧に戻る