ReadyNAS デスクトップ型ネットワークストレージ(ホーム向け)|ネットワーク機器・ネットワークストレージのネットギア

※左からReadyNAS104(または314)、ReadyNAS316(516)、ReadyNAS102(312)

ReadyCLOUD App

ReadyCLOUD Appを使うと、ファイルをスマートフォンに入れて持ち歩かなくても、外出先からReadyNASへアクセスして利用することができます。
スマートフォン・タブレット用ReadyNAS リモートアクセスアプリReadyCLOUD Appの詳細はこちら

ReadyNAS 機能紹介

インプレスNETGEARスペースで、ReadyNASの様々な機能を紹介しています。
メディアレビューはこちら

スペック

  ReadyNAS 100 ReadyNAS 300 ReadyNAS 500
RN102 RN104 RN312 RN314 RN316 RN516
 
ドライブベイ
(SATA HDD/SSD用)
2 4 2 4 6 6
CPU Marvell®
Armada 370
1.2GHz
Marvell®
Armada 370 1.2GHz
Intel® Atom 2.1GHz
dual core
Intel® Atom 2.1GHz
dual core
Intel® Atom 2.1GHz
dual core
Intel® Ivy Bridge
Core i3-3220
3.3GHz
dual core
Memory 512MB 512MB 2GB 2GB 2GB 4GB ECC
Giga LANポート 1 2 2 2 2 2
USB 3.0 ポート 2 2 2 2 2 2
USB 2.0 ポート 1 1 1 1(*1) 1 1
フロント表示パネル × ×
eSATA ポート 1 1 1 2 (*1) 2 3

最大ディスク容量(*2)
(4TB HDD使用時)

8TB 16TB 8TB 16TB 24TB 24TB

最大ディスク容量(*2)
(4TB HDD + EDA500増設時)

- - 28TB
(EDA500 * 1)
56TB
(EDA500 *2)
64TB
(EDA500 * 2)
84TB
(EDA500 * 3)
RAIDレベル 0/1/X-RAID2 0/1/5/6/10
X-RAID2
0/1/X-RAID2 0/1/5/6/10
X-RAID2
0/1/5/6/10
X-RAID2
0/1/5/6/10
X-RAID2
消費電力(運用時) 31W 45.6W 35W 49W 55W 88W
消費電力(WoL待機時) 1W 1.4W 627mW 843mW 804mW 956mW
消費電力(電源OFF時) 210mW 440mW 266mW 472mW 338mW 370mW
寸法(奥行×幅×高さ) 220×101×142 (mm) 223×134×205 (mm) 220×101×142 (mm) 223×134×205 (mm) 287.5×192×259 (mm) 287.5×192×259 (mm)
重量
(ドライブを含まず)
2.12 kg 4.70 kg 2.22 kg 3.97 kg 7.53 kg 7.97 kg
動作環境(温度/湿度) 0~40℃、5~95%(結露なきこと)
保証期間 3年 3年 5年 5年 5年 5年

(*1) eSATAポートのうち1ポート(前面)は、USB2.0ポートとの共用ポートです。同時に使用できるのはどちらか一方です。
(*2) システムが使用する領域も含まれるため、データを格納できる領域はこれよりも少なくなります。

ドライブについて

使用可能なドライブの種類を教えてください。

2.5または3.5インチ SATA ドライブ(HDDまたはSSD)を使用できます。使用するドライブはコンパチビリティ・リストからお選びください。

ドライブを抜き差しするのに、ReadyNASの電源を落とす必要はありますか?

ReadyNAS はドライブのホットスワップに対応しており、電源を入れたままドライブの交換が行えます。

ドライブの交換に工具は必要ですか?

3.5インチドライブをお使いの場合、ネジを用いずにドライブを固定することができるため、工具は必要ありません。
2.5インチドライブをお使いの場合は、ネジを固定するためにドライバーが必要です。

ボリュームについて

X-RAID2とは、どのようなRAID方式ですか?

X-RAID2はネットギア社による独自のRAID方式で、装着しているドライブの台数に合わせて、最も安全性の高いRAIDレベルを自動的に選択します。

X-RAID2ではなく、通常のRAIDを使うことはできますか?

ReadyNASは、通常のRAID方式もサポートしており、Flex-RAIDと呼んでいます。例えば、RAIDレベル6を使う場合や、ディスクの台数にかかわらずRAIDレベル0を使う場合、複数のボリュームを作成する場合は、ボリューム作成時にFlex-RAID方式を選択することで実現できます。特定の目的が無い場合は、もっとも冗長性が高くなるX-RAID2を選択することをお勧めしています。

ReadyNASをiSCSIのターゲット・デバイスとして使用することはできますか?

ReadyNASはiSCSIに対応しており、ターゲット・デバイスとして使用できます。

iSCSIのLUNはいくつ作成できますか?

iSCSIのLUNは256個作成できます(あくまで作成できる最大数であり、全LUNに同時アクセスできることを保証するものではありません)。

拡張ポートについて

eSATAポートは何に使用するのですか?

eSATAポートは、ReadyNAS EDA500(拡張ボックス)を接続してボリューム容量を拡大するのに用います。
* ReadyNAS 102/104 はEDA500に対応していません。

ネットワークについて

ギガビットイーサネット・ポートはリンクアグリゲーションに対応していますか?

ギガビットイーサネットのポートを2つ持つ機種は、リンクアグリゲーションに対応しています。

ジャンボフレームには対応していますか?

ジャンボフレームに対応しています。最大フレームサイズは9,676バイトです。

ファイル共有について

ReadyNASがサポートしているネットワークファイルサービスを教えてください。

ReadyNASは、次のネットワークファイルサービスをサポートしています:
CIFS/SMB(Windows)、AFP 3.3(Macintosh)、NFSv3、HTTP/HTTPS、FTP/FTPS、Rsync、WebDAV

設定について

ユーザーアカウントとグループはいくつ作成できますか?

それぞれ8,192個作成できます(あくまで作成できる最大数であり、全ユーザーが同時にアクセスできる数ではありません)。

共有フォルダーはいくつ作成できますか?

1,024個作成できます(あくまで作成できる最大数であり、全共有フォルダーに同時アクセスできることを保証するものではありません)。

Active Directoryには対応していますか?

ReadyNASはActive Directoryに対応しています。

その他

盗難を防ぐため、ReadyNASのシャーシをケンジントン・ロックで固定することはできますか?

ReadyNASのシャーシはケンジントン・ロック装着用のスロットを備えています。

ECサイトで販売中

NTT-X Store

ReadyNAS 100

ReadyNAS 300

ReadyNAS 500

amazon

ReadyNAS 100

ReadyNAS 300

ReadyNAS 500