製品FAQ詳細

ファームウェア更新後、システムが起動しなくなりました。
何か復旧する方法はありますか?

USB を使用したリカバリー方法があります。

1. 下記URLよりUSB リカバリーツールをダウンロードします。

http://www.downloads.netgear.com/files/answer_media/files/os6-recovery-tool.zip

 

2. 手順1でダウンロード頂いたUSB リカバリーツールのzipファイルを解凍します。

 

3. 下記URLより 「6.4.0」 のファームウェアをダウンロードします。

■RN102 / RN104 / RN202 / RN204 / RN212 / RN214 / RN2120をご利用の場合

 http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-100/ReadyNASOS-6.4.0-arm.zip

■RN312 / RN314 / RN316 / RN516 / RN716x をご利用の場合

 http://www.downloads.netgear.com/files/GDC/READYNAS-300/ReadyNASOS-6.4.0-x86_64.zip

 

4. 手順3でダウンロード頂いたファームウェアのzipファイルを解凍します。

※保存したファイルを解凍頂くと、拡張子が「.html」リリースノートと

 拡張子が「.img」のファームウェアが含まれることをご確認ください。

 

5. 手順2で解凍頂いたUSB リカバリーツールのフォルダを開き、

手順3で解凍頂いた「.img」のファームウェア情報を下記を参考に

適切なフォルダにコピーします。

 

 "marvell"フォルダ直下    - RN102, RN104, RN2120

 "rn2xx"フォルダ直下      - RN202, RN204

 "x86"フォルダ直下        - RN312 / RN314 / RN316 / RN516 / RN716x

 

例)ReadyNAS102をご利用の場合、「os6-recovery-tool」を開き、

 "marvell"フォルダ内にファームウェアをコピーします。

 

6. USBメモリを用意頂きPCに接続します。

※USBメモリは256MB~32GBのものをご利用ください。

※USBメモリはFAT32形式でフォーマットしてください。

 

7. USB リカバリーツールフォルダの“usbrecovery.exe” を起動し、

下記を参考に各項目を選択します。

 

 Select A Flash Drive :    接続した USB フラッシュが含まれる場所を指定
※ USB のドライブレターが選択されていることを確認してください。

 Select product :            該当する ReadyNAS プロダクトを選択

 Select model :               該当するモデルを選択

 Select Firmware Image : 上記を選択すると 6.4 のイメージが表示される

※Format は適宜実行してください。

 

8. 各項目選択後、「Create」をクリック頂く事でUSB リカバリーイメージの

作成が行われます。

※作成完了後は"USB flash is ready for recovery"が表示されます。

 

9. 手順8までの作業で作成頂いた リカバリーイメージが入った

USBメモリをReadsyNASに接続します。

※USBメモリ を差し込む位置はモデルによって決まっています。

 

 デスクトップ              :前面のUSBポート

 ラックマウント            :どのUSBポートでも構いません

 

10. 電源が上がっている場合、ReadyNASの電源を落とします。

 

11. ReadyNASの電源を投入する際、以下の手順でReadyNASを操作し

USB リカバリーモードに移行させます。

 

 [デスクトップ]

 2 Bay, 4 Bayモデル:

  Backup ボタンを押しながら電源を投入し、Backupボタンを

  15秒程度押したままにすることUSB リカバリーモードに移行します。

 6 Bayモデル:

  本体前面のOK ボタンを押しながら電源を投入し、OKボタンを

  15秒程度押したままにすることUSB リカバリーモードに移行します。

 

 [ラックマウント]

 RN2120:

  Resetボタンを押しながら電源を投入し、Resetボタンを

  15秒程度押したままにすることUSB リカバリーモードに移行します。

 

※ご用意頂いたUSBメモリにLEDが付いている場合、

 電源投入後10~15秒程度でUSB リカバリーモードに移動し、

 USBメモリのLEDが点滅(または点灯)状態となります。

 

12. USB リカバリーモードが正常に完了するとNASの電源が落ちます。

 

USB リカバリーモードの作業をお試し頂きましても、

20分以上ReadyNASの電源が落ちない場合、手順9をご確認頂き

USBメモリを接続頂いた位置に問題が無いか確認をお願い致します。

 

USBメモリを接続した位置に問題がない場合、別のメーカー/型番の

USBメモリに変更頂き再度お試し頂けますようお願い致します。

 

※ご用意頂いたUSBメモリによっては、USB リカバリーモードで

読み込めないものもあります。その場合、別のUSBをご用意頂き

再度お試し頂きますようお願いします。

閉じる