製品FAQ詳細

ファームウェアを 6.4.0 へアップグレードしてから、管理画面へアクセスできない、iSCSI LUN へのアクセスが遅い、できない、NASへのアクセスが遅くなってしまいます。どういったことが発生しているのでしょうか。故障でしょうか。
ReadyNAS 6.4.0 からの新機能 Quota を使用するための処理をしているプロセス(btrfs-cleaner)が処理を行っている可能性があります。

データ容量や機器のスペックによって要する時間は一定ではございませんが、
処理時間の一つの要因であるエントリー
レベルに属する RN100 シリーズおよび RN2120 においてこの問題が発生する可能性がございます。

また、このプロセスは snapshot の自動削除機能も兼ねていますので、
古いスナップショットの自動削除処理が
実施された場合、
さらに時間を要するようになります。


この問題により発生する可能性のある事象としては、管理画面へのアクセスができない、iSCSI LUN へのアクセスができない、
ファイルアクセス等NASへのパフォーマンス低下が考えられます。


こちらの事象が発生した場合には処理が終了するのを待って下さい。
注意事項としては、上記処理中に再起動や電源オフを行った場合、処理が 0 からスタートになってしまう可能性があります。

状況確認、症状に該当する場合、サポートまでお問い合わせください。

閉じる